新宿は住みづらくない! 新宿にも閑静な住宅地はいっぱいあるのです

新宿は住宅の魅力No.1都市。実は住みやすい

「首都圏で住みたい街」を長谷工アーベストが調査したところ、新宿は2018年には全体順位で7位と2017年の10位から大幅にランクアップしている。新宿は再開発により都心にも関わらずファミリー向けマンションが増えており、アクセスのよい駅で利便性の高い物件を選ぶことが容易となったことが大きい。新宿自体は非常に人気の高い都市ではあるものの、いままでは一部地域(例:歌舞伎町)の治安イメージと物件価格の高騰で住む街としては認識されていないかった。近年、新宿はたとえば東新宿や西~北新宿のエリアで再開発が進み物件自体が増えていること、また住める価格での供給が進んでいることが、これら新宿の人気押し上げを後押ししているといっていいだろう。実際、住んでみるとこの街は新宿で全てのことが済んでしまうという非常に便利なエリアである。新宿みたいな雑多な街はダメ、という人もいるだろうが、人々の本音となんでも受け入れてくれる街、新宿には愛着を持っている人も多い。

新宿で静かなところは?

まず思い浮かぶところといえば公園の近くなのですが「新宿御苑沿い」は実はほとんどが道路に面しているため、直で公園に面している内藤町の一部を除いては意外と車両通行があり静かではなかったりします(夕方を過ぎれば逆に人がいなくなるため静かにはなります)。西新宿エリアの新宿中央公園付近も、諸般の事情で新宿駅西口から追い出されて公園に定住してしまったホームレスが若干あるエリアでもあり、公園イコールすべてがすべて住環境の良さにつながっているとはいいがたいのが新宿の特殊な所ではあります。ですが、住みづらいかといえばそんなことはありません。要は慣れですし、大きな公園の中では僅かな要素でしかないのです。
 ではおすすめできるエリアはどこになるのでしょう。意外におすすめなのは「東新宿」駅付近から戸山ハイツ方面のあたりです。あのへんはもともとは不便な場所だったのですが、地下鉄2線(副都心線・大江戸線)が通ってかなり便利になりました。ハイツ側ではないですが、駅前には大規模な再開発によるビルディング(イーストサイドスクエア)があり、外食店舗には困りません。ハイツには限界集落ともいわれているくらい老人も多いのですが、その関係で治安もよく、またスーパーも向かい合って2店舗あることから便利。特にスーパーサントクは深夜営業し、老人相手のため惣菜が多いのが特徴です。また東新宿にはツタヤやファミレスなど深夜営業のチェーン店も多くなってきました。そのため、最近は若い人居住も増えています。あとは中央線大久保駅下車、または新宿から徒歩圏の「北新宿」周辺も、大規模なビルディング再開発により一部は街ごとなくなっていますが、対象外の住宅地は便利ながら静かさを保っています。
 あと新宿駅南口エリアは「南新宿」に向かってほとんどが渋谷区になりますが、代々木が近くなるので案外上品です。そしてIT家電好きの人にはヨドバシカメラ本店が近くて便利なエリアでもあります。
 「西新宿」も駅近くは商業地と高層ビルがあるので住居はその先の10分くらいいったところになりますが、地下鉄駅も近く、古いアパートも点在しており、なかなか味があります。

新宿に住みたいという強い意志のない人は住んではいけない

 新宿は都市ですから、新宿駅近辺には似た名前の駅がたくさんあって、地下街も細かく、土地勘のつかない人はダメかもしれません。自転車でおしゃれなカフェを探すような街ではないかもしれません。しかし、だからといって新宿を腐す必要はないのです。新宿は駅付近にはあんなに喧騒があっても「なんだかほっとする」「普段着で居られる」街です。また生活に必要なものは「なんでも新宿で揃う」といっても過言ではありません。
 新宿は魔物でもあります。強大なエネルギーを求めてやってくる人も多々います。また、清濁併せ呑む街です。上品と下品の振れ幅が広いです。一方で巨大なオフィス街でもあります。また世界から、先進的なお店がどんどんと出店してきます。この街にのまれてしまうような人は、新宿に幻想を持ち過ぎているか、逆にこの街を全く知らないで来たかのどちらかです。そういう人はこの街に住むべきではありません。が、都市の魅力はなにものにも代えがたい新宿。何かをやりたい、何かエネルギーを感じたい、ちょっと狂った磁場でもいいじゃない。あるいは徒歩圏で全てを済ませたい。刺激を受けたい。世界と接したい。そうい人は是非新宿エリアに住むことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする