敷礼ゼロゼロ物件盲信は危険

敷礼ゼロゼロ物件盲信は危険 | 新宿に住む
独身店長0円 / koichiroo

最近、一部業者の契約が敷礼手数料ゼロの代わり「カギつき設備の契約」だったり「支払いが1日遅れただけでカギ交換」「生存確認料を取るもの」「会員制で入会金を取り壁が薄く、退会時に清掃料を多くとるもの」など、貸借人に若干不利なものがあるようです。(大手不動産店でも、早期に埋めたいなどの理由でゼロゼロ物件自体はありますが)、一部の業者の不当な契約には十分注意してください。



なお、歌舞伎町あたりの不動産店の場合は水商売の方向けに家賃を高めに設定してゼロゼロにしているケースがあります。身分保証や長期滞在が担保されない分、仕方ない部分もあります。

ただ、水商売新入生の方は、もし昼間の学校や仕事もしてるのであれば、そちらの身分証を利用し、一般不動産店などを利用されたほうが割安になりますので、そちらを勧めます。

今はどの不動産店に行っても、自社物件以外はネットワークを介して出てくるので、大差ない筈です。大手チェーン店などや、評価の高いを巡るのも1つの方法かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする